プリザーブドフラワーの花材と材料

プリザーブドフラワーに必要な花材と材料は基本的に決められています。

まずはメインとなる花材です。

プリザーブドフラワーの外見の印象を決める花材はさまざまありますが、人気がある花材といえばローズでしょう。



プリザーブドフラワーを扱う専門店なら必ずあるローズは汎用性が高く、メインにも添え花にも使えるメリットがあります。

またサイズやカラーバリエーションも豊富なため、ローズだけで多種多様な作品をつくることができるのです。
次に人気がある花材はアジサイです。


花びらの形や色が豊富なアジサイは花材としてでなく、アクセントやフォーラム隠しのモスの代わりになるので活躍する場面が多くあります。
アクセントといえば、ピンポンマムも個性的な添え花として人気があります。ユニークかつ可愛らしい外見のピンポンマムを紅白にアレンジして和装用のウェディングブーケに用いる方が増えているぐらいです。


そしてプリザーブドフラワーに必要な材料ですが、そのほとんどは市販で簡単に手に入るものばかりです。
茎の役割を代用するワイヤーとそれを切るためのハサミ、接着するためのグルーガン、壊れやすい材料を扱うときに使うピンセット、ワイヤーリングを隠して華やかさを演出するフローラルテープなどがあります。

プリザーブドフラワーの詳細はこちらで簡単に調べられます。

他にも土台となるアレンジフォームやウエディングブーケを手軽に作るためのブライディネットなどもネット通販で購入できますが、材料で一番大切なのはリボンでしょう。
もちろん好みや必要がなければ飾る必要はありません。

エキサイトニュースに関する有益な情報が満載です。

しかしリボンがあるかないか。
それだけで作品の出来栄えと印象はかなり異なると断言できます。